ますきちの読み物

飲む点滴「甘酒」


米こうじで作られた甘酒に含まれる栄養素は、点滴の栄養素とほぼ同一の内容(ビタミンB1、B2、B6、葉酸、食物繊維、オリゴ糖、システイン、アルギニン、グルタミンなどのアミノ酸、大量のブドウ糖)である事から、飲む点滴と呼ばれ、夏バテ予防にも効果があると言われています。
冷やしたもの、または温めたものを暑気払いに飲む習慣がある事から、甘酒は俳句でいうと「夏の季語」となったわけです。

近年、身体に良い菌を積極的に食生活に取り入れる活動「菌活」が簡単に実施出来るツールとしても注目されています。

また、甘酒と塩を合わせた「塩こうじ」は、食材への旨みの付与や食味改善に効果があることから注目されています。

ますきちでは、食材の漬け床・ドレッシングのベース・スイーツ等、様々な商品に甘酒を使用しています。
また、米と米麹だけで作られたノンアルコール、無加糖のひと口甘酒はご飯セット、パンセットにも付いていますので、この機会に是非お試しいただければと思います。

前の記事
味噌

日本古来の醗酵食品「味噌」

低糖質
次の記事

ますきちの低糖質な朝ごはん