ますきちの読み物

宮崎だけじゃない!?夏に人気の冷や汁は日本各地に根付いた郷土料理なんです!


「冷や汁」と聞くと宮崎県の郷土料理のイメージが強いですが、実はこの冷や汁、全国各地にご当地の冷や汁があることをご存知ですか? 名前は同じでも、地域によってそれぞれ特徴のある郷土料理なのです。

 

宮崎県の冷や汁とは?

「冷や汁」と言えば宮崎の郷土料理をイメージする方も多いですよね。夏の厳しい宮崎県の風土に適した郷土料理として定着しているからでしょうか。
宮崎でも地域や家庭によって作り方はさまざまですが、多くは、いりこや焼いてほぐした魚と炙った味噌をすったものを焼き、だし汁に溶かし、仕上げに豆腐や夏野菜を加え、麦飯にかけて食べるというものが主流だったそうです。白米が主流の現代においても宮崎の冷や汁は麦飯で食べる習慣が残っていて、それが今では夏にぴったりな栄養も取れる健康的なメニューとして広く食べられているのですね!

ますきちの冷や汁もみそベースにあじと大葉、きゅうりを使用していますが、ベースの味噌は、ごまを入れてコクを、また柚子の風味でサッパリと仕上げています。また、麦飯ではなく、玄米ご飯にこれらの冷たい汁をかけていただきますので、より健康的にお召し上がりいただけます。

 

埼玉県の冷や汁うどん

埼玉県に伝わる郷土料理の「冷や汁」は発音からちょっと違い、「ひやしる」と呼びます。また、『朝まんじゅうに昼うどん』と言われるように、昔からお米の代わりに各家庭でうどんを打って食べていたこの地域では、うどんのつけ汁として多く食べられており、埼玉を代表する料理のひとつになっています。この「冷汁うどん」は簡単に美味しく食べられ、栄養価も高いために広く伝わったと言われています。また、最近ではうどんだけでなく、そうめんのつけ汁や、夏野菜をたっぷり加えてサラダうどん感覚で食べることもある様です。こちらも夏場の健康維持に良さそうですね!

 

山形県の冷や汁の作り方

山形県の冷や汁は、これまでに紹介した2つの冷や汁ともますきちの冷や汁とも全く異なります。山形の冷や汁は、上杉謙信公の出陣の献立のひとつであったことから旧上杉藩・米沢地区を中心に伝わっている郷土料理で、汁物というより具だくさんのおひたしといった方がイメージに近いかも知れません。
だしには煮干しやカツオ節、干し貝柱などを使い、干しシイタケや凍み豆腐などの乾物を煮込み、ほうれん草、白菜、小松菜などの季節の野菜を茹でたモノにかけて食します。冬には雪菜がよく使われそうです。雪菜は「かぶのとう」ともいい、雪の中で栽培するシャキッとした歯ごたえとツンとぬける辛みが魅力の葉菜類です。

 

広島冷や汁

最後は、広島の冷や汁の発祥についてのお話です。広島県の海岸沿いや、島の多い瀬戸内で生まれたのが「さつま」と呼ばれる郷土料理です。この「さつま」とは、魚(このしろ)を焼き、すりつぶし、焼き味噌とだしでのばした料理を指します。この「さつま」を温かいご飯にのせて食べた料理が広島県の冷や汁の始まりの様です。しかし、現在では「このしろ」を使った冷や汁はあまり多くは見らません。それは、昔の武士が「この城を焼く」と作り方を嫌った、という様な言い伝えもあるようで、現在では様々な魚やだしで食べられる様になったのではないでしょうか。

 

先人の人々の知恵がいかされた冷や汁。それぞれの地域で内容は違いますが、今も昔も暑い夏を健康に乗り切るために食卓に欠かせない料理という点は共通していますね。
厳しい暑さも、冷や汁で元気に乗り切りましょう!

冷や汁は店舗やますきちオンラインストアでお取り扱いしています。

ますきち冷や汁の詳細はこちら▼
https://www.masukichi.jp/fs/masukichi/gd69

 

前の記事
冷や汁

【冷や汁レシピ】シンプルだからこそアレンジ自在!...

牡蠣の土手鍋
次の記事

二度食べて二度美味しい!魅力溢れる『牡蠣の土手鍋...