牡蠣の土手鍋 牡蠣祭り 宮島 ますやみそ かき祭り2020
               ますきちの読み物アイコン
ますきちの読み物

牡蠣祭りで絶品 牡蠣の土手鍋を味わう


牡蠣祭りで広島の冬の味覚を楽しもう!

広島県の冬の味覚を楽しむ牡蠣の土手鍋。
その牡蠣の美味しさをもっと知ってもらいたい、広島の味を楽しんでもらいたいという気持ちから広島県各地で1月~2月にかけて牡蠣祭りが開催されます。
その中でも最大級な牡蠣祭りが2月に開催される宮島牡蠣祭りです。

 

宮島牡蠣祭り 牡蠣祭り 焼き牡蠣 牡蠣のバター炒め

宮島牡蠣祭りでは毎年、焼き牡蠣、牡蠣フライ、牡蠣入りお好み焼き、牡蠣玉汁等が販売されますが、その中でも牡蠣の土手鍋のブースには毎年、長蛇の列が出来て列の最後尾が見えないほどの人気ぶりとなります!

▼宮島牡蠣祭りの様子

牡蠣祭り 宮島牡蠣祭り 牡蠣鍋 牡蠣の土手鍋 大鍋 

牡蠣祭り当日は、大鍋4つを使用して1日当たり2,000食を1杯100円というサービス価格で提供させていただいています。
1日2,000食というと皆さん想像出来ないと思いますが、1日に使用する生牡蠣が約100kg、白菜50玉等、びっくりする量の材料を使用しています。
列に並んでいただいている方も観光客の方、地元の方等、たくさんのお客様に広島の味を楽しんでいただいています。

牡蠣の土手鍋 牡蠣鍋 かき祭り 牡蠣祭り 屋台

毎年1月あたりから牡蠣の産地の地区で牡蠣祭りが開催されますので、是非一度来場してみて下さいね。
冬の広島の味覚を思いっきり楽しんでいただけますよ。


関連記事一覧

第36回 宮島かき祭り イベント情報 2020年2月8日(土)~2020年2月9日(日)(外部サイトへリンク)
広島かき祭りカレンダー
味噌で味わう、牡蠣の旨味 ますきちの牡蠣の土手鍋
牡蠣の土手鍋のレシピ しめまで美味しい お取り寄せ お歳暮 ますきち
牡蠣の旬 カロリー


prduced by ますやみそ(外部サイトへリンク)

前の記事
低糖質

GI値って何?

低糖質
次の記事

低糖質と味噌汁