ますきちの読み物

低糖質と大麦


今回はますきちでもおなじみのもろみみそについてお話したいと思います。

これからの季節きゅうりにつけて食べるもろきゅう美味しいですよね。

このもろみみそに使われている大麦ですが、実は糖質制限の方にもおススメの食材だって知ってました?

 

もろみみそは麦麹と大豆から作られています。

麦麹は国産の大麦を蒸したものに麹菌を付けて作られています。

大麦にはβグルカンと言われる水溶性食物繊維が含まれています。

このβグルカンには糖質の吸収を抑え血糖値を上がりにくくするという素晴らしい働きがあるんです。

しかも、それだけではなくセカンドミール効果と言われる次の食事にも影響を及ぼす効果があると言われています。

βグルカンの含まれた大麦を使って作られた麹と大豆から出来ているもろみみそは色々な使い方ができます。

旬の野菜は時季外れの野菜に比べビタミン・ミネラルが2~5倍も多く含まれており、旬の時期に一番栄養価が高く、不思議とその時期に身体に必要な栄養素が詰まっています。

さらにもろみみそをディップして食べることにより、大麦の食物繊維も取れます。

生野菜ですので、ゆで野菜のようにビタミンも破壊されずに、そのまま食物繊維がたっぷり取れます。

旬の野菜ともろみみそのコンビは最強のおつま・・・健康食なのです。

また、そのまま野菜につけて食べても美味しく召し上がれますが、鶏肉や豚肉を一晩漬け込んで焼くもろみステーキもおススメです。

前の記事
新メニュー開発秘話

麹に漬けた豚の生姜焼きお膳

低糖質
次の記事

タンパク質の多い食品とは?