ますきちの読み物

糖質制限中でもお腹いっぱい食べられるメニュー


今日は糖質制限中でも満足出来る食事について考えてみたいと思います。

前回お知らせした通り、健康的に無理なくダイエットに取り組むには糖質を極端にカットするのではなくバランスよく糖質もとりながら主菜を低糖質・高タンパク質なものを中心に摂る事が重要です。

1食あたりの理想的な糖質量は20g~40gと言われています。

その為には主食であるご飯やパン・麺類の量を少し減らして、その分を低糖質・高タンパク質な食材を摂る事で食事に対する満足感は持ったまま、健康的にダイエットに取り組む事をおすすめします。

では低糖質・高タンパク質な食材は何があるのでしょうか?

お肉は部位によって違いがありますが、鶏のむね肉やささみ等は特に低糖質・高タンパク質な食材として有名ですよね。

しかし、牛肉や豚肉も極端に脂質の多い部位を除けばおすすめしたい食材です。

特に豚肉の脂質は牛肉にくらべて溶ける温度が低い為、体に残りにくいので動脈硬化等の健康面からいっても牛肉より豚肉のほうがおすすめですね。また部位ではバラ肉よりはロースのほうが脂質も低めになるので意識すればより効果的に満足感のある食事となるでしょう。

お魚はさらにおすすめの食材です。

魚種によっては脂質の多いものもありますが魚の脂は不飽和脂肪酸という体脂肪になりにくい脂ですのであまり気にせず食材として利用しても大丈夫です。

ここで少し気を付けたい点があります。

これらのメニューを気を付けて食べていても調味料で多くの糖質を摂ってしまう事があります。

ドレッシング等も種類によっては多くの糖質を含む場合がありますので、よく確認して適量を心掛ける事が重要ですね。

そこで一番おすすめするのはみそ漬けや塩こうじ漬けです。

お肉もお魚もみそ漬けや塩こうじ漬けにする事により、食材に旨味が加わり余分な調味料を使用せず、しっかりとお肉やお魚を楽しんでいただけます。

副菜としてきのこや葉物の野菜、豆腐等の大豆食品、海藻等を組み合わせてしっかりと必要な栄養は摂りながら満足出来る食事を楽しみましょう。

前の記事
低糖質

糖質制限ダイエットとは?

低糖質
次の記事

糖質制限中の食物繊維